ディスカバー彩の国 毛呂山町編

ある日TwitterのDMにメッセージをいただいた

毛呂山町に関する情報だった

その一番上に書かれてあってさらにインパクト大のワード

「豚玉毛丼」

ぶったまげ丼!!

ディスカバー彩の国放送開始以来初めてリスナーさんの情報を元に取材にいくことに決めた

東武東上線「坂戸駅」で乗り換えて5駅

東武越生線「東毛呂駅」(ヒガシモロ駅)

そこから流鏑馬で有名な「出雲伊波比神社」を抜けて辿り着いた

豚玉毛丼を提供してい「毛呂山食堂」

大きな道から少し中に入った場所にあるけど分かりやすいのぼりが立っていた

早速色々とお話を聞きながら豚玉毛丼を注文

でたー!!

毛呂山産の米、豚肉、玉子を甘辛いタレで煮込んだ丼ぶり飯に、町の名産柚子

の香りが添えられたなんとも食欲をそそる丼!!!

街の名産品をこと丼1杯で表現してしまったのだ!ぶったまげーーー!!

こだわりはこの玉子のとじ加減

時間をかけすぎると固くなってしまうし、早すぎると具材やご飯に玉子が絡まなくなってしまう

他のメニューは出前をしているとのことがけど、豚玉毛丼はそんな理由で出前をしていないこだわり!

口の中で玉子がよく絡んだジューシーで柔らかい豚肉と玉ねぎのあまみ、そしてほのかに香る柚子のアクセントが絶妙なバランスで広がる

その他にもこだわりの焼そばも絶品だそうな

最後はご主人と店前で記念撮影

ごちそうさまでした!!!