ディスカバー彩の国 草加市編

そうかと言えば、、、

煎餅‼️草加松原‼️

などが思い浮かぶと思うんです。

草加煎餅と言えばもはや埼玉名物ですよね。

宿場町として栄えた草加は今の街並みも当時の雰囲気と上手くマッチングして風情のある景観になってる

そんなにか今回ピックアップしたのは草加市のリノベーションまちづくり

空き家や空き店舗を草加市がオーナーさんから提供してもらい、リノベーションスクールというものを通して新しい経営、運営方法を提案

オーナーさんの承諾を得て新たに事業をスタートさせる試み

今回はそのリノベーションまちづくりから生まれた洋食店「アターブル」さんにお邪魔してしてきました

都内のホテルに勤めていらっしゃったオーナーシェフの阿久津さん曰く、「一からやる事にやりがいと、大変さがあった」

こだわりの店内は木目調の作りが安らぎを与えてくれ平日にも関わらず地元の方で席が埋め尽くされてました

奥の部屋はハンモックなどもあって子供にも優しい

オープンして数ヶ月だけど、すっかり地元に根付いていました

ハンバーグデミグラスソース(1200円)

どうです?この時点で肉汁が溢れてだしていて食欲をそそるんですわ

こだわりのデミグラスソースも濃厚で上品な味でした

ごちそうさまでした‼️

その他にもリノベーションまちづくりから生まれたお店が10店舗ほど草加駅東口にあるそうです。

http://www.city.soka.saitama.jp/li/050/010/050/index.html